あの原発事故は防ぐことができた! 国の責任を認めさせるため 最高裁6・17判決をただそう!

 

私たちの運動の中心にあるのは最高裁に対する闘いです。問題は次の2点に要約できます。

国は東日本大震災のずっと前から、巨大津波が福島第一原発を襲う可能性を知っていた。それなのに東電に津波対策を命じなかった。

最高裁は2022617日、国の責任を問わない判決を下した。この判決は最高裁の別の法廷でただしてもらわねばなりません。

「6・17最高裁判決」でお墨付きを得た国は原発政策を暴走させました。2024年の元日に起きた能登半島地震を見ても、まだ原発再稼働に突き進むのでしょうか?

いまこそ「ノーモア原発公害」の声をあげる時です。


 

更 新 情 報 & お 知 ら せ

20240619

20240617最高裁ヒューマンチェーンの記事を報道記事のページへ、動画を動画ページへ、写真を資料などのページへ、アップロードしました。

20240508

最高裁要請のネット署名をスタートしました。「福島原発事故は国の責任!最高裁は国を免責した判決を正してください

下記より「賛同」をクリックして支援をお願いいたします。

 

20240323

2022年6月17日判決に対する最高裁への要請書を取りまとめました。今春以降に最高裁へ提出する予定ですが要請書に対する賛同者を広く募っております

ご協力のお願いページ、最高債への要請書、賛同のお願いをアップしましたので、内容をご確認頂きWEBサイト(グーグルフォーム)から賛同の登録をお願いいたします。

更新情報の過去のお知らせ「更新情報・既報分」のページに移してあります

ノーモア原発公害発足発足集会 動画(ダイジェスト版)

〈原発事故被害者からの訴え〉

・森松明希子さん

・伊東達也さん

・三瓶春江さん

(写真はいわき市民訴訟団長の伊東達也さん)

 

 

 

 動画全体はこちらからご覧いただけます。

 (ブルー部分をクリックしてください)

 

〈元裁判官が斬る最高裁判決〉

樋口英明さんによる解説。「6・17最高裁判決」が何故間違っているのかがよく分かります。

樋口英明(ひぐちひであき)

2014年、福井地裁で裁判長を務め、関西電力大飯原発の運転を認めない判決を下しました。

 

 講演全体はこちらからご覧いただけます。

 (ブルー部分をクリックしてください)